【事例紹介セミナー】なぜ今多くの企業がコーチングを導入するのか?ー孤軍奮闘する管理職&コーチングによる変化とはー

セミナー詳細

今、多くの企業において、管理職・マネージャーに対して、「コーチング」を導入する企業が増えています。その背景には、経営陣及び人材育成に関わる人事担当者の皆様の課題感の変化があります。

なぜ、今、多くの企業が、いわゆる「管理職研修」ではなく、管理職1人1人に「コーチ」をつけるという取組みに舵を切っているのでしょうか?その背景には、どのような実態、あるいは課題感の変化があるのでしょうか?

見えてきたのは、これまでにないほど激しい時代の中で、目まぐるしい変化の波に、押しつぶされそうになる管理職・マネージャーの姿です。

そこで、今回のセミナーでは、実際に多くの企業において、管理職に対するコーチング支援を行っているプロコーチの小倉嘉夫氏をゲストに迎え、「なぜ今多くの企業がコーチングを導入するのか? ー孤軍奮闘する管理職&コーチングによる変化とはー」をテーマに、なぜ今コーチングなのか?企業において今何が起きているのか?について考えます。

こんな企業にオススメ

  • はたしてこれまで通り管理職研修だけをやっていて良いのか疑問に感じている
  • コーチングには興味はあるものの、実際どんなものなのか知りたい
  • 人事に求められるものも変わる中、他社の人事が何をしているのか知りたい、など・・・

概要

開催日時
2021年10月8日(金) 10:00~11:00
参加費
無料(事前申込制)
対象者
経営企画部・人事部・事業部の各責任者・担当者様
※同業種の方からのお申し込みはお断りすることがございますので予めご了承ください
視聴方法
Zoomによるオンライン配信  ※お申込み後、配信URLをご案内いたします。

講演者

畑 俊彰
株式会社インヴィニオクロス 代表取締役 兼 株式会社インヴィニオ プロデューサー
2004年に株式会社ベンチャー・リンク入社。2009年日本郵便株式会社に転職。
同社にて、組織風土改革、異業種他社との共創PJの推進etc、多数の組織横断プロジェクトを牽引。
2018年株式会社インヴィニオに転職。企業の組織変革・リーダー育成に携わる。2021年3月より現職。

小倉 嘉夫
株式会社マチビト 代表取締役
銀座コーチングスクール和歌山校代表
1966年生まれ。営業職時代に約5000枚の名刺を獲得。営業職として広告会社に入社し39歳で取締役に。 人事及び派遣責任者として面接を行った人数は1000人以上。編集長兼責任者として転職情報誌やフリーペーパー創刊や求人マッチングサイト・情報検索サイト・イベント&キャスティング事業を立ち上げる。さらに社内のITネットワーク構築やシステム導入及び総務・人事・制作・編集等の各部門責任者を経験。退職前は地域活性化を目的として行政との連携に取り組み、複数の行政とプロモーション協定を締結。32年間勤務した広告会社での常務取締役ポジションを捨て、54歳で起業。

プログラム

1.ゲストとの対談セッション
ーなぜ今企業はコーチングを導入するのか(背景)
ー支援事例に見る悩める管理職の実態
ーコーチングによって何が変わるのか
ーコーチングを通じて感じる企業の今
ーコーチング導入によって得られるものetc
2.参加者の皆様とのQ&A

お申し込みフォーム